So-net無料ブログ作成
天体観測&イベント ブログトップ
前の10件 | -

第2回あだたらの里 天体観望会 in おおたま [天体観測&イベント]

昨日、福島県大玉村【あだたらの里】に於いて《森の小さな天文台》設立プロジェクトの一環である2回目の観望会が行われました。最悪の天候にも拘わらず多くの方が来場し予想以上に盛り上がりました。その様子をちょっとだけお見せしちゃいます。

とその前に大事なお知らせがあります。一昨日からヤフーのブラウザで私のブログを閲覧すると、画像が表示されないという不具合が発生しています。原因は不明ですが、Googleやマイクロソフト・エッジ等では正常に閲覧できますので、その際は他のブラウザに切り換えてご覧ください。

グラフィックス12.jpg
私が到着した時は《あだたらの里》の天気は悪くありませんでした。只、風が強いので天体観望には若干不利な条件ではありますが ( ̄~ ̄)ξ?その後、観望会のスタッフ参加者と合流。右側は今回初めてお会いした高木さん。中央は吉田さん。左は遠く神奈川からお越しの《流れの星空案内人》川合さん(別に踊っているわけではありません!)。

グラフィックス1.jpg
川合さんの愛機である宮内の双眼鏡。もはや体の一部と化しており彼の超絶技(昼間でも天体の運行状況が分かっているので、惑星や星を手動で導入してしまうという伝説の神業!)には無くてはならない相棒なのです。

グラフィックス3.jpg
ちょっとボケていますが、高木さんの愛機、セレストロンのC8?

グラフィックス7.jpg
大玉村商工会の斎藤さんの愛機、スカイウォッチャーの8インチ・ドブソニアン。

グラフィックス5.jpg
吉田さんはビクセンの屈折鏡筒にデジタルアイピースを使って電子観望。左に写っているのは捧さん。

グラフィックス2.jpg
米田さん(左端)は愛機の40㎝反射望遠鏡を持参。この天候にも拘わらずM22球状星団が分解して見えたのは驚きです。やはり大口径の迫力は凄い!

グラフィックス8.jpg
グラフィックス9.jpg
グラフィックス10.jpg
グラフィックス11.jpg
今回の参加者の中には聴覚障害の若い人達も来場してくれました。手話ガイドされながら熱心に聞き入っている姿を見て、時々姿を見せるお月様や土星、木星、水星、アルビレオ2重星等ごく一部しかお見せ出来なかったことが心残りではあります。挙句の果てに星が殆ど見えなくり、仕方なく遠くに見える電光看板等の地上の景色を見せる事ぐらいしか出来ませんでした。それでも皆さんには望遠鏡を通して見る光景は新鮮に映ったようです。帰り際、大玉村に天文台が出来たら、また観に来てくれると約束してくれました。私も「必ずこのプロジェクトを成功させるぞ!」と言う決意を新たにしました。

今宵の1曲、【Chase Rice 】で “ Three Chords & The Truth”
hqdefault54IDD737.jpg
♪ ⇒https://www.youtube.com/watch?v=WO8rU4B5gDA

Ps
私が参加した《第3回スカイウォッチングの集い》&《第23回いわきの里・鬼が城 ブルーグラスフェス》の模様がYouTubeで公開されているそうです。⇒https://www.youtube.com/channel/UCani5-2S5dRC7-5Joxpl2ng/videos?view_as=subscriber 是非一度ご覧になって見て下さい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スターパーティー! [天体観測&イベント]

グラフィックス3.jpg

一昨日、星旅祭の打ち合わせがありました。私は仕事の関係もあり久々の参加でした。今回は、ふれあいの丘天文館スタッフの梁島さんが中心となって《Star Party》というプレミアムイベントを企画しました。癒しのアロマと音楽に包まれた空間でお茶やスイーツを楽しんだ後、夜空を彩る星と神話の世界にご案内します。ナレーションはレディオベリーFM栃木でお馴染みの野澤さんです。また屋外でのエアーハンモックに寝転びながらの星空解説や望遠鏡や双眼鏡を使った星空散策もお楽しみ頂けます。お帰りの際には、記念のスナップショット撮影もありますよ。いつもとはまた違った星旅祭を体験してみませんか?詳しくはFacebook⇒https://ja-jp.facebook.com/hoshitabimatsuri/ 星旅祭で検索してね!尚、定員になり次第締め切りになりますので、チケットのご予約はお早めに!

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg

陰暦の八月一五日に当たる昨日は所謂、【中秋の名月】、一五夜でした。と言う訳で今年も地元の恒例の行事《ぼうじぼう》が行われました。地域の子供達が手造りの《藁でっぽう》を持ち寄り、各家庭を回って無病息災、五穀豊穣の祈りを捧げました。今回は天気に恵まれず、参加した子供達に望遠鏡でお月様を見せてあげることが出来ませんでしたが、来月の一三夜にも行われる予定ですので、その時は素晴らしいお月見が出来ることを祈っています。

グラフィックス9.jpg

大玉村の観望会の後、吉田さんからメールが来ました。観望会の様子が地元の新聞(福島民報)に掲載されたとの連絡です。そして添えられていた新聞記事の写真を見て驚いた!何と私が来場した親子連れに、スマホで撮影するのをサポートしている場面が写っているではありませんか。記録にも残りなんか凄く嬉しいです。現在、モチベーションが急上昇中!

今日の1曲、午後のティータイムにピッタリ!【BE THE VOICE】で “Altogether Alone” あ~心地よい!
hqdefault201.jpg
♪ ⇒https://www.youtube.com/watch?v=oKuzU1CQPzs
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あだたらの里天体観望会 in おおたま [天体観測&イベント]

昨日は、福島県大玉村のあだたらの里で行われた天体観望会に行ってきました。今日はそのイベントの模様を少しだけお伝えしたいと思います。

その前に、先々週の土曜日に【アズ】に行ったら素敵なものを見つけたのでちょっとご紹介しましょう。
グラフィックス2.jpg
グラフィックス3.jpg
大田原市在住?の石黒さんと言う方が造っているイミテーションフラワー・アレンジメントです。クレイクラフトと言って素材に特殊な粘土を使用し、葉の一枚から花びらまでひとつひとつ丁寧に造られていて、独特の透明感とリアリティーが感じられます。完成品の販売と同時に予算や要望に応じてオーダーも受け付けているようなので贈り物に如何ですか?また自分で造ってみたいという方の為に自宅で講座も開いているそうなので、興味のある方はこちらまで!⇒E-mail don-fork@ever.ocn.ne.jp

さて台風15号の接近に伴い天気がどうなるか心配でしたが、観望会当日は快晴でした。何とか夜まで晴れてくれることを祈りつつ、現地に向かうことに。約2時間程で到着しました。観望会の前に時間があったので、会場となる《あだたらの里 直売所》周辺を下見を兼ねて散策することにしました。安達太良山をバックに視界を遮るものが殆ど無いので、180°見渡せる開放的で雄大な眺めはなかなか素晴らしいですね!

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg

直売所の入り口にはイベントのチラシが貼られていました。勿論観望会のチラシも。今回は150枚程を吉田さんの知り合いの方々に配ったそうですが、あまり宣伝効果は期待できないかも?

グラフィックス6.jpg
グラフィックス7.jpg

すると観望会場の芝生の所でフリーマーケットの露店が並んでいたので、ちょっと覗いてみました。
グラフィックス5.jpg
グラフィックス3.jpg

その一角の店に似顔絵受付中の看板が!フリマでこのタイプの出店は初めて見ました。特に田舎ではかなりレアなのではないでしょうか。ちょうど目の前であるご家族がお子さん達の似顔絵を描いてもらっているところでした。1枚の色紙に2人の兄弟が仲良く並んで笑っている姿は微笑ましいです。良く特徴を捉えていて写真とはまた違った味わいがあります。これはいい!面白そうなので私も記念に書いてもらうことにしました。描いているのは芽衣さんというまだ20代の女性の方です。お話を伺うと本格的に絵を描くことを習った事は無いそうですが、なかなかよく描けていると思いませんか?おまけに気を遣ってくれたらしく、実物より随分若く見えますが?所要時間はお話をしながら15分ぐらいでしょうか。良い記念になりました〇。

グラフィックス4.jpg
グラフィックス1.jpg
http://r.goope.jp/nigaoefukuwa/staff

観望会の前に今夜泊まる《アットホームおおたま》のコテージで【森の小さな天文台】建設プロジェクトの2回目の打ち合わせがありました。発起人の吉田さんから、過日話し合われた村長さんや議員さんとのやりとりの内容の説明、規約事項の確認及び、今後の予定などについて話し合いを行いました。

グラフィックス8.jpg
そしていよいよ観望会の時間が近づいてきたので、みんなで準備に取り掛かりました。今回機材を持ってきたのは、40㎝ドブソニアンの米田さん、千葉県の黒野さんと郡山市の捧(ささげ)さんはタカハシの屈折望遠鏡。私は127mmのマクカセを持参。あともう1台あったと思うのですが、誰が持ってきたのか不明です。

少しづつ来場者が増えてきました。
グラフィックス6.jpg
グラフィックス5.jpg
グラフィックス2.jpg

アイピースにスマホを近付けて記念にパチリ!でもこうして撮るのは予想以上に難しくて、悪戦苦闘している方もいました。次回はスマホホルダー持ってきますね。
グラフィックス1.jpg

ほら見てごらん!微笑ましい親子連れ。後ろに写っているのは捧さんと愛機。
グラフィックス3.jpg

黒野さんはステラショットで自動追尾。最先端の機材です。カッコイイ!
グラフィックス4.jpg

米田さんの40㎝ドブソニアン。やっぱり迫力が違いますね!
グラフィックス7.jpg

結局実質1時間半で20人程の方々が観に来てくれました。良かった!楽しかった!凄い!といった感想を聴くことが出来て参加した甲斐がありました。次回の観望会は同じ場所で10月5日(土)を予定しています。お近くの方はみんなで遊びに来てね!

今日の1曲、【メイ・マッケンナ】の素晴らしい歌声をどうぞ!“Dying to Live” ヤバイ!涙が出そう!
hqdefault200.jpg
♪ ⇒https://www.youtube.com/watch?v=P7KwTLMTfR8


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第8回星空交流会 in おおたま村&星旅祭2019Ⅱ [天体観測&イベント]

グラフィックス4.jpg
先月の6月29日、30日の両日に亘り、福島県大玉村で開かれた【第8回星空交流会】に行ってきました。茨城、福島の天文愛好家を中心に14名、遠くは神奈川や千葉からも馳せ参じ、楽しく、有意義な、ひと時を過ごすことが出来ました。会場は “アットホーム・おおたま”のロッジ3棟を貸し切りにして行われました。

フロントで手続きを済ませ、ロッジの方へ移動。

グラフィックス14.jpg
(この後ろ姿は、毎回の幹事役である “福島・星空の会” の吉田さん。)

グラフィックス12.jpg
グラフィックス13.jpg
(ロッジの外観はこんな感じ!雨が降っていたのでちょっと暗いけど。)

グラフィックス5.jpg
グラフィックス6.jpg
室内は予想以上にきれい!設備が充実している上、自炊も出来ます。1棟貸し切りで15.000円也。5人分の寝具が用意されているので、宿泊代も一人当たり3.000円と格安です。ところでちょっと小耳にはさんだのですが、大玉村は海外のある村と友好関係を結んでいるそうです。以外にもそれはあの有名な 世界遺産があるペルーの “マチュピチュ村” です。何でも村の初代村長は大玉村出身の日本人らしく、それが縁で姉妹都市になったそうです。

部屋でくつろぐご一行様。飲み物はご自慢のお酒を持参。つまみ&夕食は買い出しに。

グラフィックス17.jpg
グラフィックス16.jpg
(景色良いよね~!)

グラフィックス15.jpg

今日は悪天候の為、観望会は中止。と言うことで早速交流会の開始!・・・と行きたいところですが、実は以前、今回の幹事役の吉田さんから「知り合いから望遠鏡&機材一式を譲り受けたので、ここ大玉村に天文台を建てようと計画しているのですが云々・・・。」の話があり、星仲間みんなで協力してプロジェクトを成功させようと交流会を兼ねて今日ここに集まった・・・という訳でまず先に、今後の進め方について協議することにしました。

グラフィックス9.jpg
(譲り受けたという、タカハシ製150mm屈折望遠鏡とEM2000赤道儀)

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg
グラフィックス3.jpg
(建設予定地。近くの駐車スペースも広く立地条件は良さそうです。)

参加した全員が真剣に意見交換し合い、途中から地元の商工会の代表の方や旅館・金泉閣のオーナーさんなど3名が加わり、協議は夕方5時頃から夜9時頃まで続きました。お疲れさまでした!

グラフィックス7.jpg
グラフィックス8.jpg

その後、ようやく地元の代表の方々を交えての懇親会が催されました。日頃の活動や近況報告など大いに盛り上がりました。

グラフィックス11.jpg

この建設プロジェクトが成功し、天文の普及と地域の活性化に繋がれば嬉しいです!

グラフィックス10.jpg
(建設予定地の夜景。星がきれいですね!)

さて話は変わりますが、先週の “星旅祭2019” の写真が公開されました。その中に撮影担当小川くんが写した、彼曰く《この日の私のベストショット!》が・・・?

グラフィックス34.jpg
女の子の目がキラキラ輝いています!何が見える?

遠くに見える地元大田原高校の天体ドーム。
グラフィックス36.jpg

締めは、みんなで集合写真。お疲れさまでした!
グラフィックス35.jpg

今日の1曲、【Reba McEntire&Vince Gill】で “ The Heart Won't Lie”
hqdefaultDX5BRHBJ.jpg
♪ ⇒https://www.youtube.com/watch?v=YL-hSSZn5Pc
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

星旅祭2019! [天体観測&イベント]

グラフィックス16.jpg
(とりこ舎さんのデジタルアート。行列が絶えず大盛況!)

昨日、【トコトコ大田原】で催された “星旅祭2019” にスタッフの一員として参加してきました。来場者の対応で、イベントのすべてを把握できてはいませんが、分かっている範囲内でお伝えしたいと思います。

グラフィックス1.jpg
(望遠鏡は大小合わせて3台を用意。架台も3種類準備しました。)

当日準備の為、イベントが始まる2時間前ぐらい前に会場入りしました。今回私の担当は地上観望スタッフです。来場者、特に子供達に望遠鏡で地上の景色を観て楽しんでもらうという企画です。直接触れたり、覗いたり、動かすという体験を通じて、望遠鏡の仕組みや面白さを知ってもらおうという訳。何しろ小さい時のインパクトのある体験と言うのは、経験上大人になっても覚えているし、きっと将来の天文学者や天文ファン&宙ガールへの道標になると信じているので。

グラフィックス13.jpg
グラフィックス14.jpg
グラフィックス15.jpg
グラフィックス16.jpg
先ずは、【とりこ舎】さん⇒https://www.facebook.com/piyokoishii/?ref=page_internalの《宇宙散歩》と題したデジタルアート。触ったり、音を出したりするとマッピングされた映像が次々に変化するので子供たちは大はしゃぎ!会場もそれ程広くはないのに、約1.000人近くの方が来場し大成功でした!

別会場のワークショップの方も大盛況!嬉しいことに用意したイベント商品はすべて完売になりました。
グラフィックス5.jpg

虻川くん&尾引くんが担当した 《ボードゲーム》も親子連れで大賑い!
グラフィックス23.jpg

戸泉さん担当の《星のアロマ》も早々に完売!
グラフィックス19.jpg
聞いてみたらお母さん方より、子供達に大人気らしく予想外の反響に驚いてしまいました。!私の所に来た小さい女の子達が 「いい匂いでしょ?」と言いながらご自慢の香りを振り撒いていました。でもお願いだからおじさんの体に付けないでね。後々トラブルの元になるから(^_^;)。

ふれあいの丘天文館ボランティアの石川仁さん達の《ステランタン》も大好評!お父さんやお母さんに手伝って貰いながら、子供達が真剣にチャレンジする姿がとても印象的でした。
グラフィックス3.jpg

中村さんや梁島さん担当の《ステラボード》も満員御礼です!
グラフィックス21.jpg
DSC_2658.JPG
グラフィックス6.jpg
(ステラボード担当、大学生ボランティアスタッフの?さん(ゴメン!名前を聞くのを忘れてしまいました。)

それと梁島さん自作の大型ステラボードの展示コーナー。完成度の高さに、来場された方々も驚かれた様子です。
グラフィックス2.jpg
グラフィックス4.jpg

それから私が担当した地上観望コーナーも多くの親子連れが遊びに来てくれました。今回、以前紹介した百均で売っていた《望遠鏡をつくってみよう!》の実物と完成見本を試しにと持っていきました。最後に実物の未開封の商品は熱心に望遠鏡を覗き込んでいた小さい男の子にあげちゃいました。(彼はLEDファインダーの使い方を覚えてくれました。ちょっとしたことだけど、物凄く嬉しいのです(^-^) 。)

DSC_0879.JPG
グラフィックス22.jpg
(手作り望遠鏡を覗き込んではしゃいでいる女の子。)

グラフィックス8.jpg
グラフィックス18.jpg
自分が来場者の応対をしている写真を撮ることは出来なかったけど、撮影担当の小川君が「今回のベストショットですね!」と言いながら見せてくれた写真には、嬉しそうに望遠鏡の使い方を教えている自分の姿が写っていました。小川くんありがとう!

グラフィックス1.jpg
お礼に君が写真を撮っている姿を撮りました。(後でメールで送ります。)

それから来場者の通路には、過去に展示した《星旅祭・星景写真》を展示しました。
グラフィックス11.jpg
グラフィックス12.jpg

今日の夜の天気は曇り・・・という訳で《夏の星空観望会》は中止になり、夕方からは星空探検隊と題した《夏の星座解説》、《星座早見盤の作り方&使い方講座》&《ミタカで宇宙旅行》の3本立て!
グラフィックス33.jpg
(準備に余念がない梁島さんと藤原さん)

先ずは天文館星空解説員の梁島さんの《夏の星座解説》。さすがに手慣れたご様子で、分かりやすく、楽しく星空解説をして頂きました。
グラフィックス24.jpg
グラフィックス25.jpg

続いて今回の星旅祭MCを務める高橋くんによる《星座早見盤の作り方&使い方講座》。参加したみなさんは真剣に聞き入っていましたね。
グラフィックス26.jpg
グラフィックス27.jpg
(上手く出来たかな?)

ちなみに下の写真はボランティアスタッフの国際医療福祉大・天文部(今年は昨年より部員が倍増したそうです。)の部長〇〇くんの作品です。あまりの出来に・・・(-。-; 他の部員も・・・(^◇^)大爆笑!なんか天文部の将来が心配になってきました。

グラフィックス28.jpg

そして最後は藤原さんの国立天文台のシミュレーションソフト【ミタカ】を使った《宇宙旅行》です。最近話題の小惑星探査機【はやぶさ2】の話題を盛り込みながらの楽しい解説ありがとうございました。
グラフィックス29.jpg
グラフィックス30.jpg

最後に参加者に一人ずつ《星空探検隊》の会員証を手渡して終了となりました。スタッフの皆さん、お疲れさまでした。今後当日のイベントの様子はSNSを通じて情報発信すると思いますので、時々覗いてみて下さい。⇒https://ja-jp.facebook.com/hoshitabimatsuri/ また新しい情報が届きましたらマイブログにもUPしますね。

今日の1曲、【Sunny Sweeney】で “Staying’s Worse Than Leaving”

hqdefaultQUZRW8KZ.jpg
♪⇒https://www.youtube.com/watch?v=tFRaXQIwA7I

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

星旅祭プレイベント・・・結果は? [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
今週の日曜日に開催した “星旅祭” のプレイベントは、おかげさまで大盛況でした。いや大盛況だったようです。と言うのも福島での “第8回ほしぞら交流会” に参加した後、急遽イベント会場に駆け付けた為、残念ながらリアルタイムの当日の盛況ぶりをお伝えすることが出来ません。でもエレベーターで乗り合わせた親子連れが、“時間前に行ったのに、並んでいて整理券貰うのも諦めた云々・・・” の話を耳にして、大成功であったことを確信しました。そして今週末はいよいよ本番です。みんな【トコトコ大田原】に遊びに来てね\(^o^)/。
グラフィックス2.jpg
グラフィックス3.jpg
会場はこんな感じ。

グラフィックス4.jpg
国際医療福祉大学天文部のボランティアの皆さん。

グラフィックス5.jpg
今回の担当スタッフの皆さんです。お疲れさまでした。
【第8回星空交流会】については、後程UPする予定です>
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の星旅祭は?Ⅱ [天体観測&イベント]

緊急告知!

グラフィックス1.jpg
明日、大田原市内の【トコトコ大田原】3F会議室で「ごろごろ星見会」と題した星旅祭のプレイベントを開催します。【星つむぎの村】⇒http://hoshitsumugi.main.jp/web/about 代表、そして宙先案内人である【高橋 真理子】さんをゲストにお迎えし、天井プラネタリウムによる “七夕の星空” の生解説をして頂きます。料金は、おひとり様100円(3歳未満は無料)とリーズナブル。10:30から開始で、約30分間、合計6回上映の予定です。屋内なので雨が降っても大丈夫ですよ。お近くの方は是非遊びに来てね!

グラフィックス2.jpg
それからこれが完成した “星旅祭” 第1弾のチラシです。そしてイベントの開催は、7月6日(土)、場所は同じ【トコトコ大田原】です。中会議室ではデジタルアート集団【とりこ舎】⇒https://www.torico-sha.com/ による “宇宙散歩” と題した星空のデジタルアートを上映する予定です。

グラフィックス3.jpg
また視聴覚室では、ワークショップの体験コーナーや星空撮影隊写真の展示ブース、ミニゲームや望遠鏡の仕組みや使い方の講座など(望遠鏡持参で私も生解説しますよ!)お子様や初心者も楽しめるイベントが盛りだくさん!

グラフィックス4.jpg
そして夜には、夏の星座案内や星座早見盤講座も。おまけに晴天であれば、木星や夏の天の川の観望会も実施する予定です。みんな遊びに来てね\(^o^)/。
Facebook 星旅祭⇒https://ja-jp.facebook.com/hoshitabimatsuri/

今日の1曲、アパラチアン・フォークの伝承者、今は亡き【Jean Ritchie】の歌と演奏で “Nottamun Town ”
hqdefault9BLZLPUC.jpg
♪⇒https://www.youtube.com/watch?v=gV0EpEVR7yg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の星旅祭は? [天体観測&イベント]

グラフィックス2.jpg
グラフィックス1.jpg
(作成途中のチラシです。)

グラフィックス3.jpg
(忙しい仕事の合間を縫っての打ち合わせ。)

最近、同好会の仲間からよく聞かれるのですが「今年も星旅祭は開催するの?」。もちろん、今年もやりますよ!でも今年からは年一回ではなく何と!数回に分けての分割開催になります。まあ予算的な問題もあるのですが、それよりもイベントそのものをより身近に感じて頂く為に、エキサイティングで面白い& “ 痒い所に手が届く!” きめ細やかな企画をご用意してお待ちしています。確定次第、またUPしますね。

グラフィックス2.jpg
先週、久しぶりにオーディオ喫茶【しん空】に遊びに行きました。勿論、視聴用のCDを持参で。店を訪れるといつも他にはお客さんがいないのですが、珍しく(失礼!)私の他に来客が。県内の高根沢町からお越しの菅野さんとおっしゃる、古くからのオーディオ仲間のお一人だそうです。持参の真空管を視聴させて頂きましたが、挿し換えるだけで音の傾向がガラッと変わるので面白いですね。お互いの自己紹介や世間話やオーディオ談義をするうちに、すっかり仲良しになってしまいました。おまけにオーナーの内田さんから、今度オーディオクラブを立ち上げようと計画中とのことで、私にも参加のお誘いがありましたので、快くお受けすることにしました。これから面白くなりそうなので、動きが有りましたら報告しますね。それとこの前紹介できなかった、お店のエントランスの写真を撮ってきたのでUPします。内田さん手造りのエクステリアや看板など素敵な佇まいにオーナーのセンスの良さが窺えますね。

グラフィックス5.jpg
グラフィックス4.jpg
グラフィックス3.jpg

今週末、福島で開催される「第9回星空交流会」に行ってきます。吉田さんが建設予定の【森の小さな天文台】の下見も兼ねています。翌日には大田原市内のイベントにスタッフ参加する予定なので、かなりハードな週末になりそうです。


今日の1曲、アメリカのSSW&カントリーシンガーである【Kate Wolf】で “ Across the Great Divide” 。44歳という若さで白血病で亡くなってしまいましたが、彼女の歌は多くの歌手に歌い継がれています。
hqdefault182.jpg
♪ ⇒https://www.youtube.com/watch?v=T2Kn3j7o2yY
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AZ‐GTi・・・その後!Ⅱ [天体観測&イベント]

グラフィックス4.jpg
この前のテストでAZ‐GTiの問題点、と言うよりは所有している機材の問題ですが、一応応急的ではありますが対策することにしました。

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg
グラフィックス3.jpg
1/4⇒3/8インチの変換ネジの出っ張り調整プレートに〈剥がせるタイプの両面テープ〉を上下に貼り付けて〈クイックシュー・アダプター〉を固定。ボルトをモンキーでガッチリと締め、三脚側も薄い滑り止めマットでしっかり固定しました。試しに天頂方向や色々な角度に動かしてみましたが、AZ‐GTi本体と三脚の滑りは解消されたみたいです。三脚を追加購入しないで済みそうです。それにこの三脚はアジャスターが無くても水平を出しやすいので意外と良いんですよね。

グラフィックス4.jpg
現在、電子観望と撮影用に使用しているキャプチャーソフトはSHARPCAPですが、慣れていないこともあり(サボっていた為、操作を一から覚え直しと言う噂も(^_^; )画像の調整に時間が掛かっていました。バージョンも古いので最新のソフトウェアをダウンロードすることにしました。

グラフィックス11.jpg
すると以前には無かった〈Display Histogram Stretch〉という機能があります。その代わり〈Image & Display Control etc〉が無くなってパネルがスッキリした印象です。

グラフィックス2.jpg
グラフィックス3.jpg
試しにその機能を使おうとしたらライセンス使用料(年間10ポンド)を払わないと使えないとの表示が(-。-; 。まあ今後のこともあるし安いので契約することに。そんでもって実際使ってみると物凄く便利な機能です。[雷]マークをクリックすると画像を自動で最適化してくれます。後は少し微調整するだけでOKなので大幅な時間の短縮になります。いったい今までの苦労は何だったんでしょうか?

グラフィックス10.jpg
グラフィックス8.jpg
グラフィックス9.jpg
深夜1時過ぎ、夜空を見上げたら薄曇りで星も見えなかったのですが、SharpCapの機能を再度確かめる為、広角レンズを付けたままASI224MCを出しました。肉眼では見えなくてもカメラを通すとこんな感じ。まるで昼間みたいですね(^◇^)。

WS000073.JPG
動画の方には、雲の流れと星が動いていく様子が・・・残念ながら容量の関係でUP出来ませんが。

グラフィックス1.jpg
自作ファインダーも45°仕様だとアラインメントの際に使い難いので、90°に変更しました。ピントの調整はドローチューブを前後して合わせるのですが必要十分です。

〈番外〉
グラフィックス5.jpg
グラフィックス7.jpg
グラフィックス6.jpg
ヒューケラの新しい葉が出始めたので、古い葉をトリミングしてあげました。心持ちすっきりしたような?

今日の1曲、【Herb Pedersen】の爽やかな歌声をどうぞ。“ Last Thing On My Mind”
hqdefault181.jpg
♪ ⇒https://www.youtube.com/watch?v=PFO8c1c0tnw

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AZ‐GTi・・・その後! [天体観測&イベント]

グラフィックス1.jpg
先週、天体用に新しいPCを買いました。と言っても中古ですが、以前撮影用に使っていたものと比べ凄く軽いので使い易いです。これでCMOSカメラの高画質をフルに生かすことができます。

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg
グラフィックス1.jpg
早速、ASI224に繋いでAZ‐GTiで電子観望開始!の筈だったのにカメラが認識されず使用できない!準備したものの取り敢えず撤収。結局ドライバーをインストールしていなかったことが原因と判明。あ~恥ずかしい。

グラフィックス4.jpg
グラフィックス3.jpg
グラフィックス2.jpg
翌日、今度は準備万端で再チャレンジ。重量軽減して負荷を減らすため、ファインダーも若干変更しました。

グラフィックス5.jpg
さてAZ‐GTiですが、対象の導入は慣れもあって簡単に出来るようになりました。ただ予想以上に誤差が大きいようです。また追尾するも少しづつ左側にずれていきます。どうやら三脚と本体接地面の滑りが原因のようです。対策しないとちょっと実用にならないかも?思案の為所です。それからタブレット端末操作で対象を導入するのが面倒です。英語表記と日本語表記がごちゃ混ぜで、しかもメシエ&NGC番号等が併記されていない。導入しないと分からないという仕組みらしく、使い勝手が悪いです。スカイサファリと連動させるのを前提に作ってあるのなら納得できますが。ミニタワーⅡなら番号入力すれば即導入してくれるので、不慣れな表記に惑わされることが無い。飽くまで慣れの問題かもしれませんが、せめて対象Noも併記して欲しいです。それとアラインメントの際、対象導入の速度が遅すぎてイライラします。速度の切り替えが直ぐできると良いのですが。これらが改善されると私の評価がグンとUPするのにな~。惜しい!

グラフィックス9.jpg
グラフィックス6.jpg
日曜の昼間、ASI174MMのテスト撮影をしてみました。去年購入してからまだ一度も使っていなかったので。遠くの山を写した物ですが、パッと見でも224MCと比較して解像度がUPしているのが分かります。月や太陽の撮影に威力を発揮してくれそうです。

グラフィックス11.jpg
グラフィックス14.jpg
グラフィックス13.jpg
生憎午後は薄曇りの天気だったのですが、太陽を写してみました。黒点が見えないのであまり面白くありませんが。ミニタワーⅡの扱いは慣れているので、アラインメントはホームポジションにセットして(鏡筒を天頂に向けるのがAZ‐GTiとは違うところ)適当な星を選択。星が見えていなくてもOKすれば準備完了。この後1時間ほど観望しましたが、対象はビタ止まりで追尾してくれます。やっぱり月、惑星の撮影にはミニタワーⅡは頼もしい相棒です!

今日の1曲、再登場【Wynonna & The Big Noise】で “Ain't No Thing”
hqdefault180.jpg
♪=https://www.youtube.com/watch?v=HdN8esuHT-g

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 天体観測&イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。