So-net無料ブログ作成

捨てるぐらいなら? [天体観測機材]

ご無沙汰しています。最近、ブログの更新が無いけど大丈夫?と私の身を案じるメールが届く・・・はずも無いけど元気です!以前告知したように仕事が繁忙期の為、更新頻度が低下しておりますが、何卒ご容赦願いますm( _ _ )m。

グラフィックス19.jpg
グラフィックス6.jpg
グラフィックス1.jpg
そう言えばブログにUPするのを一つ忘れていたのですが、福島県三春のイベントで梁島さん自作の【ステラ・ポインター】に感銘を受けた話をしたと思いますが、作ってみたいという衝動をどうしても抑えきれず、実は帰宅した翌日密に自作しました。丁度手元に、レンズを無くして廃棄寸前のLEDライトとこれまた使い道の無い小口径のファインダーが2つあったので試しに組み合わせてみることにしました。ファインダーの接眼部分を外して、少しずつ削りながら無理やり嵌め込んだのですが、思いの外上手くいきました。光量は梁島さんの物とは比較になりませんが、小型で軽く取り扱いが楽です!多少の月明かりの中でも光路が見えるので、ガイド用として十分実用になると思います。皆さんも是非お試しあれ!

グラフィックス57.jpg
この前、野田さんのライブで泣く泣く行くことが出来なかった岸さんの「十文字星見台」の様子が我がすばる天文同好会のホームページに掲載されました。⇒http://www.ne.jp/asahi/tenmon/subaru/
8月にオープン予定との事ですので、この夏会津方面に行かれる方は是非足を運んでみて下さい。

今日の1曲、蒸し暑い夜を更にヒートアップ!【The Rex Carroll Band】
” Working Man's Blues”
hqdefault152.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=b625kVC5Z_o
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

音楽 or 星?・・・悩ましい! [音楽&イベント]

グラフィックス14.jpg
特典のCDをゲット!

昨日は待ちにまった、【野田 徹&ザ・ケイブバンド】のスペシャルライブの日。ライブタイトルはずばり ”Soul Voyage”。ところが同時にすばる天文同好会有志による南会津、岸さんのお宅訪問の日でもありました。実は3日前、川口さんからお誘いの電話を頂いた時は本当に悩みました。音楽も星も僕にとってはどちらも大切な宝物。でも野田さんのコンサートは1年前から応援してきたイベントなので苦渋の選択ですが、今回は音楽をチョイスさせて頂きました!(岸さん、9月になったら遊びに行きますね!)という訳でハーモニーホールで催された野田さんのライブの模様をちょっとだけ(映像をお見せ出来ないのが残念ですが)リポートしたいと思います。

グラフィックス1.jpg
グラフィックス2.jpg
待ち遠しいのでライブ会場の那須野が原ハーモニーホールには入場開始の1時間前に着いてスタンバイ。まだ時間があるので、一階ロビーの受付へ。今日は【星旅祭】の宣伝用にパンフレットをいっぱい持ってきました(どっこい星も忘れていませんよ!)。早速受付の女性にお願いしたら、音楽関連の物と一緒に置かせて頂けることに!ありがとうございます!残った分はライブに来てくれたお客さんに配るつもり。で次に会場(小ホール)のある2Fのロビーで暫し待つことに。時間が早いこともあり、お客さんはまだ疎らな様子。隣の大ホールからはフォルクーレの軽やかなラテン音楽が漏れ聴こえてきます。思いの外、素晴らしい演奏で何か少し得をした気分になりました。

グラフィックス3.jpg
グラフィックス9.jpg

反対側に目を遣ると、ギターがずらりと並んで壮観な眺めです。実はこれ【vincent】⇒https://www.vincent-guitar.net/guitar/というギターメーカーの展示会なのです。(株)ヤイリギター で長年ギター製作に携わり、様々なミュージシャンのバックアップもされているクラフトマン・小川 浩司さんが立ち上げたブランドなのです。

グラフィックス16.jpg
弦を張替え中の小川さん(こんな雑なカモフラージュでごめんなさいm( _ _ )m)

グラフィックス4.jpg
スタッフの一人、田中さんにもお話を伺いました。

グラフィックス5.jpg
実は何を隠そう野田さんの使っているギターやブズーキの調整、メンテナンス、そしてピックアップマイクのアレンジ等を請け負っている方なのです。その証拠に野田さんの使っているブズーキと同じものが置いてありました。国内でブズーキを使用している半数以上の方は【ヴィンセント】製を使用とか?知る人ぞ知るブランドなのです。

グラフィックス6.jpg
オリジナリティー溢れるそのデザインを少しご紹介。ピックガードが見当たらないけど・・・?実は先に貼り付けて上から塗装するという凝った造りになっています。シンプルでスッキリした飽きの来ないデザインで好感が持てますね!

グラフィックス7.jpg
こちらは木目調のピックガードがお洒落なモデル。さり気無いけど個性的でカッコいいです!で音の方は・・・内緒です!気になる方は野田さんのCDで確かめてみてね!

グラフィックス17.jpg


グラフィックス10.jpg
本番前に受付に現れたハモンドオルガン担当の山口さんと初対面のギター担当のコウノハイジさん。私がかましたボケに何故か爆笑のお二人でした。

グラフィックス11.jpg
さて、そうこうしている内にいよいよライブ開始の時間になりました!七夕スペシャルライブとあって既に沢山の観客が詰めかけていました。しかしここから先は映像も音声もありません。まあどんな様子だったかと言うと、オープニングナンバー ”手のひらの約束”?を皮切りに怒涛の2時間半たっぷりの演奏でした。バンドメンバーが全員揃ってのライブは、先週の下北沢ロフト以来でまだ2回目だそうですが、それを感じさせない息の合った演奏を聴かせてくれました。更にドラムスとエレキギターが加わったことで、テンポの速いロックナンバーやブルージーな曲も、いつも以上のグルーブ感溢れる演奏が聴けて嬉しかったです (^^♪ 。また野田さんがミュージシャンを目指すきっかけになった【佐野元春】の曲(しかも当時、実際にバックでドラムスを叩いていた古田さんの生演奏、しかもボーカルで野田さんとハモってます!)や【ビートルズ】の ”アイ・ソー・ハー・スタンディングゼア”(I Saw Her Standing There)もカッコよかった~!途中、古田さんの還暦を祝う演出やいつもの野田さんの軽妙な語りを交えながら、全く飽きの来ない構成には恐れ入りました。今後は、本格的にバンドとしての活動をされるとの事で、今から楽しみです。それと野田さんが ”星旅祭に呼んでもらえれば、このメンバーでまた演奏しますよ" との有り難い提案が・・・\(^o^)/。こちらこそ大歓迎です!本当に大満足の一日でした。

グラフィックス12.jpg
終了後、UJさん、山口さんと記念写真。

グラフィックス13.jpg
コウノさんとも記念写真。ブルージーな曲、”特にロザリータ”の鳴きのフレーズが最高ですね”と言ったら物凄く喜んでくれました。

今日の1曲、【The Purple Hulls】のBluegrass Gospelナンバーで
”Higher Ground”
hqdefault151.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=EqHROcl4_EQ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。